蟹を茹でる

カニ( @uminosachi_uni )のブログです

推しのいるオタクが勧める「推しカラーの万年筆インク」6選

RADIOFISHが好きだ。

RADIOFISHは6人組のダンスボーカルユニットである。
御神体」NAKATA、
「SHAMAN(メインボーカル)」藤森慎吾、
「スキルマスター(ダンサー)」show-hey、FISHBOY、SHiN、RIHITO。

彼らには、それぞれメンバーカラーがある。
情熱的なリーダーの赤。
キュートな万能者ピンク。
クールで知的なブルー。
友達想いで優しいグリーン。
ミステリアスで高貴なパープル。
明るくコミュ力抜群のイエロー。

紫推しです。



文具も好きだ。
特に色んなノートを収集して、日記を書くのが好き。
そこからペンにこだわり始めて、初心者向け万年筆「カクノ」を導入。ついに最近、ボトルの万年筆インクに手を出した。万年筆インク、沼です。水性染料の沼(ぬかるんでるところは水性顔料の沼)。

そして、私は紫推し。
あとは……わかるな?

というわけで今回は、推しのメンバーカラーの万年筆インク、略して「推しインク」をおすすめします。

推しメンカラーのインクを探そう!

メンバーカラーのイメージって、例えば同じ「赤」でもグループごとに微妙に違いませんか? 朱色っぽい元気な赤なのか、闘争心に満ちた深い赤なのか。
特に筆者の推し色である紫は、明度や彩度、色味が様々。すみれ色の紫と、あやめ色の紫ではかなり印象が違ってしまう。

やはり推しインクと呼ぶからには、推し色(公式グッズの色でも、オタクのイメージする色でも)ドンピシャのインクを見つけたい……!


そこで、メンバーカラー探しにおすすめな、色味のバリエーションがある&そんなに高価じゃない万年筆インクの銘柄を紹介します!

万年筆本体も最近は300円から買える(プラチナ万年筆「プレピー」)。インクも瓶だけじゃなく、軸に刺すだけで使えるカートリッジタイプもあって、ボールペン並みに手軽! そしてボールペンに比べて、インクのバリエーションが豊富!

万年筆が好きな人もまだ使ったことない人も、ぜひとも推しカラーにぴったりのやつ探してみて……。


まずは手軽なカートリッジタイプ

万年筆インクってボトルに入ってるイメージかと思います。が、取り替えやすくてボールペンみたいに使えるカートリッジタイプもあります。
万年筆初心者、まずはちょっと試したい! という方はぜひカートリッジから。

カートリッジタイプのメリット

  • 安いものは100円とかで買える
  • 少量から買えるので試しやすい&色々楽しめる!
  • 軸に刺すだけで使えて取り替えも簡単
プラチナ万年筆のは推し活に最適

プラチナ万年筆、300円の万年筆という概念革命みたいな商品を出している。ぬらぬらした書き心地が好きなら「プレピー」は絶対おすすめ。

カートリッジのバリエーションもすごい。
f:id:bloodandsugar-akai:20191019075113j:plain

  • ブラック
  • ブルーブラック
  • レッド
  • ピンク
  • バイオレット
  • イエロー
  • グリーン
  • ライトブルー
  • ブラウン

イエローとライトブルー、カートリッジタイプでは珍しいのでありがたい。推しが黄色と水色の人は「プレピー」をまず買ってみてください。
パッケージもカラフルでかわいくて、推し活がはかどる! プラチナ万年筆はすごい。オタクを"理解"してる。

パイロットは上品ないい色合い

パイロットも「カクノ」という、1000円台の初心者向け万年筆を出している。筆圧が強くなくて、カリカリした書き心地が好きならこっちがおすすめ。

カートリッジはこういうのがあります

  • ブラック
  • レッド
  • ブルー
  • ブルーブラック
  • グリーン
  • バイオレット
  • ブラウン
  • ピンク

私はカクノを愛用してます。どの色も品性を感じさせるのが良いところ。ブルーとバイオレット、素敵です。


元気でフレッシュなプラチナカートリッジ、
上品で大人びたパイロットカートリッジ、
もはやこれ自体を擬人化したらオタクが推すんじゃないかという気がしている


ボトルインクは選択肢が爆発的にふえる

カートリッジでは物足りなくなったり、「どうしてもこのインクを使いたい!」と思えるものに出会ったら、コンバーターを導入しましょう。

コンバーターは、瓶からインクを万年筆に吸い上げるための吸入器。例えばパイロットのは400円で買えます。思ってたより安くないですか? 私は「安いやん! すぐ始めれる!」と感じてまんまと買いました

コンバーターを使うと、あらゆるインクが利用対象になります。選択肢が爆発的にふえます。沼です。
インクも意外とお手頃なのが多くて、1000円台のものも。瓶だと容量が多くて長持ちするので、使いきるならカートリッジよりコスパも良い。

インク瓶はほんとに無限かと思うくらい種類があるのですが、その中でもカラーバリエーションが多様で、推し色を探しやすい銘柄をいくつか紹介します。

プラチナ万年筆 ミクサブルインク

MIXABLE INK ミクサブルインク
その名の通り、ミクサブル(色を混ぜられる)インク。
キャッチコピーは「好きな色は、自分で作る。」強い……!!

9種のインクとうすめ液を混合して、自分好みのオリジナルインクを作り出せます。1種1000円から。
全種買い揃えるとけっこうしますけど、例えば橙推しならイエロー・レッド・ブラウンだけ買って、いろんな割合を試しながら推しカラーを調合したら楽しそう。
(いつの間にか全種揃ってる予感がしている)

元々のインクも綺麗な色だし、「推し色を自分で生み出せる」DIY性にわくわくする。
あと推しが複数いるなら、推し色のインク同士を混合して新しいインクを作るのもいいですね……
(赤・緑推しでも意外と綺麗な色ができる)


プラチナ万年筆、オタクを理解している。



インクを混ぜて好みの色を作るなら、inkstand by kakimoriも人気!
こちらは蔵前(東京)にお店があり、店舗を訪れてオーダーするスタイル。試し書きを繰り返して好みの色を調合してもらえます。
(本店のカキモリはオリジナルノートを作れるので両方行きたい)
インクスタンドは水性顔料インクを提供しているので、一般的な水性染料のカラーインクより耐水性・耐光性が高いそうです。大事な記録を残すのにぜひ。

セーラー万年筆 インク工房

20ml[全100色] | セーラー万年筆 |公式ウェブサイト
何が強いって全100色あるところ。
しかも大手文具メーカーのセーラーが出してるやつなので、大きめの文房具屋さんやLOFTでも取り扱われてることが多い! 実物見ながら選べるのがありがたい。

ピンク系、緑系、青系が充実してるラインナップ。
ホットピンクとライトピンクがメンバーカラーに同居してるグループなどに◎です。届け!
あと黄緑とエメラルドグリーンがいるグループとかね!!! 

石丸文行堂 Color Bar Ink

カラーバーインク | 文房具専門店 石丸文行堂(長崎/福岡/佐賀)
74色ある、そのどれもがおしゃれでオーセンティック。セクシーでミステリアスな大人の魅力。
しかもインク名がカクテル! 下戸なのでお酒飲めないけど、これならいくらでも嗜める~!
あと公式ページのインク瓶の飾り方(2色をくっつけて並べる)、なんとなくロマンスを感じてしまう。


さりげなくイエロー系が3つあるのが嬉しい!! たぶんイエロー系って淡いと視認しづらい&濃くしすぎると濁るので難しいのか、バリエーションがなかなかない。
ソルティ・ドッグカルーアミルクミモザ。3つとも発色がよくて素敵なニュアンスだった。黄色推し、見て。

グリーンも明るめから深めまで色とりどり。名前のカクテルも多種多様。どうですか? バーを経営している緑の推しがいる皆さんに言っています。


そして、紫系のバリエーションがすごすぎる。赤紫から青紫まで。紫推しは絶対買わずにはいられない搦め手。もちろん紫推しなので買った。

22.「ブルームーン」、色濃く鮮やかな紫。さりげない影のある、ロマンティックでミステリアスな色合い。その特徴をばっちり押さえたカクテルの名前!
推しタオルの色と、自分の中のイメージに一番近かったのがこれ。
試筆コーナーがありまして、紫系インクをひたすら試させてもらって選びました。とてもウキウキした……。

ちなみに別ジャンルの友人と同行してたのですが、「22と24、どっちが良いと思う?」と聞いたら「どっちもほぼ同じじゃない?」との答え。ほぼ同じだけど微妙な色の違いにめちゃめちゃこだわってしまうオタク。そんなオタクの気持ちに応えてくれてありがとう、Color Bar Ink。

RADIOFISHオタクたちで公式ページ見ながら「へい様はブルーレディかな。でもスカイ・ダイビングも捨てがたい……」とか「RIHITOくんはミモザソルティ・ドッグか」みたいな話をわちゃわちゃしたいやつ。

そして、そう。紫系が充実しているということは、茄子カラーのインクも当然あるわけですね。どうですか? これはバーを経営している緑(茄子が好き)の推しがいる皆さんに言っています。

ブングボックス ZODIAC

「推しインク」を勧める上で重要な問題点。
それが、「メンバーカラーが決まってないグループはどうする」問題。

メンカラがない推しをお持ちの皆さんにおすすめなのが、12星座になぞらえた万年筆インク「ZODIAC」!
マツコの知らない世界の万年筆インク回でもやってた。
第6回目 おすすめ商品 BUNGUBOX ZODIACシリーズ - Pick up/万年筆とオリジナルインクのお店・ブングボックス【浜松 静岡】

推しだってまあ、基本は人間じゃないですか。たまに天使だったり美しきペガサスだったりしますけど。ちなみに美しきペガサスなのは筆者の推しです。中田敦彦命名
人間なのでだいたい誕生日があります。よって星座もあります。はい、あなたの勝ち。

推しの星座のインクで推しにファンレター書いてみるとかどうですか? もちろん自分のためだけに使うのも楽しいですよ。

「ZODIAC」はそれぞれのインクの販売ページに、その星座の性格やラッキーカラーの詳しい解説が載ってるので頷きながら読もう。
しかもインクだけじゃなく、星座になぞらえた万年筆も揃いでご用意されてます。沼です。



これ読んでオタクの皆さんが「カクノやプレピー買ってみようかな」「推しカラーのインク選んでみようかな」と思ってくれたら嬉しいですし、
文具ファンの皆さんが「RADIOFISHの紫担が気になる!」と思ってくれたら最高です。

推しインクでライブや新曲の感想書くの、至高のエクスペリエンスなのでぜひやってみてください。