蟹を茹でる

カニ( @uminosachi_uni )のブログです

かみさまは中学二年生

中二病」がテーマのショートショートです
実在の人物団体作品等とは一切関係ありません。




かみさまは中学二年生

少年は同級生と、横並びに座っている。
同級生は前を向いたまま、少年に話しかける。

「お前さあ、なんであんなこと言うたん? お母さんめっちゃ驚いてたで」
「うん……」

「なんかあったん?」
尋ねられた少年は首を横に振る。

「……なあ、僕が変なこと言っても馬鹿にせん? みんなに言わん?」
「馬鹿にせんかはわからんけど、他人には言わんけど」

少年はその答えに少しだけ笑う。
一瞬、ためらうような表情を見せるが、少年は口を開く。

「僕さあ、神様って中学二年生やと思うねん」
同級生は驚いて少年のほうに振り向く。
「は? 何の話?」

「あ、ほんまにどっかの中二が神様やと思ってはないねんけど、神様って中二病やと思うねん」
「何が?」
同級生は話の要領が飲み込めず、とんちんかんな疑問詞を返す。

「『神様は自分の姿に似せて人間をお作りになった』とかいうのあるやん」
「それは、神話とか宗教とかの話?」
「うん。それで思ってんけどさ、人類って繁栄してるやん」
「順序立てて喋ってくれん?」

「うん。えっと」
少年はわたわたとジェスチャーらしき動作をしながら、口をぱくぱくしている。話したいことをまとめられない様子。
「あーもういいよ。好きに喋って」
同級生は少年をなだめる。

「うん。人類って繁栄してて、他の種を力で制圧したり、絶滅させたり、世界中に広まったりしてるやん」
「そうやな」
「で、世界を作ってるのがほんまに神様やとしたらやで。神様が自分に似せて人類作って、自分に似てるキャラを繁栄させたり最強にしてるんやったらさ、神様ってめっちゃ中二病じゃない?」
「それはあれ? メアリー・スーとかいうやつ? やたら最強で天才のスーパーマンキャラが主人公になって活躍するみたいな」
「うん。なろう小説で、異世界転生チート主人公が俺TUEE無双するみたいな」
「は? お前変な言葉知ってるな。もっかいゆっくり説明つきで言って」

少年は同級生の要求を無視する。
「だから神様がそういう中二病の作者やとしたら、神様が成長したとき僕ら人間って黒歴史になるやん」
「そもそもお前の中では神様って成長すんの?」
「だって小学生のときは恐竜に夢中になってたやん」
ジュラ紀のとき小学生やったん?」

「恐竜に飽きたあと哺乳類に力入れて、自分に似てるキャラを無双させはじめたんやと思うねん。でも今後神様が高校一年生になったらやばくない? 僕ら」
「まあ、『あー!!! 恥ずかしい恥ずかしい!!! 黒歴史すぎる!!!』って言って全員消されるかもしれん」

「もちろんそのときは僕もう死んでると思うから関係ないんやけど、いつか人類滅ぶかなあと思ったらめっちゃ虚しくなってきて。とにかく誰かに聞いてほしかってん」
「お前、だからって『おかん!!! 人類滅ぶ!!!』って叫んだらお母さんびっくりするやろ。お母さん、お前がネットで変な陰謀論にはまってると思ってんぞ」
「それはあとで謝っとく……」

「それに、まだ滅ぶかわからんで」
同級生は少年を励ますように、背中を叩く。
黒歴史でも、自分に似てるキャラには愛着あるかもしれんやろ? 繁栄しまくったり他の種を滅ぼしまくったりするのやめて、もっとまともで現実的なキャラ設定になって存続するかもしれん」

「それもそうやね……」
「そやろ? だから人類が滅ぶかは五分五分ちゃう?」
「しかも今時、大人になっても60代なっても俺TUEE小説書いてる人いてるもんな!」
「いやだから何? それ。そこの事情は俺よくわからんけど」

「だから意外と人類もさ、これからもずっと無双していくかもしれんよね。ウナギとマグロ食べ尽くす! とか」
「それ無双なんか?」
「だって滅ぼそうと思って武力で頑張って滅ぼすんじゃなくて、『人類が異世界で他種族を食い尽くす~ウナギとマグロ、俺がちょっと本気出して狩りしたら滅んじゃいました~』やで? めっちゃ俺TUEE無双やん。中二病すぎやわ」
「いや知らんけど。そういうの知ってるお前が言うんやったらそうかもしれんけど」
同級生は少し呆れた顔。

少年は立ち上がる。
「わけわからん話聞いてくれてありがとう。すごいすっきりした」
「ほんまにわけわからんかったわ。別にいいけど」

「あ、お礼にうちでペヤング食べへん?」
「お前の家行くん嫌やわ。お前まだお母さんに陰謀論者やと思われてんねんで」
「そうやった」
「今度、食堂の唐揚げおごって」

中学二年生のふたりは食べ盛りだ。人類の滅亡のことも、食堂の唐揚げが売り切れてしまうことも、同じくらい心配している。

ふたりが大人になったとき、このことを思い出して、恥ずかしく思うのだろうか。
それともいい思い出だと懐かしむのだろうか。





おわりです